2005年 04月 20日 ( 1 )

気合。

 寒いんだか暖かいんだか分からない日が続きますね。もともと花粉症持ちなのでこの時期は死体のようになっているんですが、もう自分の体調が良いのか悪いのかすら判断つきかねる状況になっています。ジャッキー並の酔拳の達人なので、酒を飲んでいる時は猛烈に調子が良いです。

 さて、CDドラマの声の話が舞い込んできまして、その作品が一般に販売されるのか、製作会社のプロモーションに使われるのか、果てまたアニメの準備企画なのか、俺には判断のしようがないのですが、「木村君やってみない?」とご指名をいただいたので、これはもう、期待されるのも期待にこたえるのも大好きな俺としては2つ返事で引き受けてみたり。

 先日、キャストの発表があって、その準備ページを覗いてみたところ、実にベテランの声優さんぞろいで、例えば、俺のようなOVER30の人間には忘れられない「北斗の拳」の「バット」役の一龍斎貞友さんとか、キアヌ・リーブスの吹き替えをされてる堀内賢雄さんとか(氏は俺の大好きなセガサターンのゲームのキャラクターもやっているのだ。)やっぱりOVER30には忘れられない「超時空要塞マクロス」の「早瀬美沙」役の土井美加さんなど、怱々たる面子。

 声優ではない俺がこの人たちの中で浮いてしまわないのか、とひとまず戦慄してみたものの、俺を指名してくれたということは声優さんとは違う小劇場役者のパッションを期待されてのことだと思い直し、ここは一つ、いい意味でも悪い意味でも「舞台役者なんだね、木村は」と言われるように弾けてみようと思います。

 もう、録音スタジオで全身で演技しますよ、こうなったら。東京の小劇場を代表する心積もりでぶつかってみます。俺がヘタ打ったときは、悪いけど東京の小劇場はもうおしまいだ。小劇場のみんな、一緒に死んでくれ
[PR]
by kimuraz | 2005-04-20 03:38 | 劇団