カメは日を浴び、一回り大きくなる。

 皆さん、いろいろ心配をかけました。従兄弟の家の火事なのですが、どうやら家族全員大事に至らなかったようで一安心です。心配してくださった方々、ありがとう。


 さて、暖かくなってきたかと思ったらここ数日急激に寒くなり、地球コンチクショー

ホントにほとほと困っているんですよ。何がって、カメです。
小学校の理科の時間を思い出してください。カメ達爬虫類は変温動物といって、周囲の温度で体温が変化します。寒いと止まります。電源切れます。
なので爬虫類は日が昇ると岩の上とかでじっと日光浴をしてるんですね。体が温まってくると活動開始です。

うちのカメはみなさんもよく知っているミドリガメのようなヌマガメではなく、泳げないカメ、リクガメなのです。
ガラパゴスゾウガメって聞いたことがありますか?
あれはまぁ、リクガメの王、いうなればロード・オブ・ザ・リクガメなのですが、うちのはそれに負けず劣らず巨大になるサバンナ出身のケヅメリクガメとミャンマーの森林でのうのうと暮らしているエロンガータリクガメの2匹です。

この2匹の共通点は熱帯暮らしが骨の髄まで染み付いていて、冬など知らぬと言わんばかりの寒がりな点です。寒がり程度ならまだいいのですが、冬のない国でのうのうと暮らす眷族なので、冬眠という荒業を使うことも出来ず、寒さ=死というDEAD or ARIVEなプレッシャーを飼い主に与えます。

この冬は仕方なくデロンギの16枚フィンのオイルヒーターを購入し、24時間付けっぱなし。電気代の請求額を見て目ン玉飛び出ました。

 ところがですよ、ウサギは寒い国の生き物なので、俺とウサギは非暖房の極寒の部屋で寝起きしてるわけですよ。毛布に包まってイモ虫のようになってネットとかやってるわけですよ。隣の部屋はデロンギがガンガンに空気を加熱してるので、汗かくくらいなんですよ。何かが間違ってるような気がするのですが、それを考えるのは今は止めておきます。ウサギは飛び回ってるし。

そんなこんなで4月に入り、ようやく暖かくなってきたと思って一安心していたのですが、ここへ来てまた夜が10℃以下に冷え込んだりと地球よ、俺を殺す気か?カメも。

今日はまた少し暖かくて、久しぶりにカメを日光浴させました。
早く暖かくなってくれるといいなと思いつつ、夏は夏でウサギのために24時間扇風機回しっぱなしという恐怖が待ち受けていると思うと気が重くなるのですが。

1年中5月だったらいいのにと思わずにはいられません。d0025069_1416169.jpg
[PR]
by kimuraz | 2005-04-13 14:03 | 動物ども
<< カメを洗うということ。 ウサギの尻尾について考える。 >>