正義

弁護士のクズって、九頭の周りにいる弁護士が依頼人の言うことを丸呑みしちゃって裁判で赤っ恥をかくようなボンクラ揃いなだけで、クズ本人は単純にただの敏腕弁護士なんじゃないかと思うのだがいかが?(挨拶)

さて、光市母子殺害事件である。
最高裁が2審の無期懲役判決を差し戻した。
実はすっかり忘れていたのですが、2審判決が出たときにこれが許されるなら何でもアリだなと他人事ながら憤慨したものだ。

被害者の夫の多弁で執念深そうなキャラクターが個人的に好感を持てないのだが、だからと言って被告少年(当時)の罪が軽くなるわけじゃあるまい。

だってですよ、白昼堂々とアパートに押し込む強姦計画を立ててですよ、騒がれたので首絞めて殺してですよ、怖くなって逃げた、ならまぁわかるとして、万一蘇生して騒がれないように口にガムテープ張ってですよ、子供が泣き叫ぶ隣りで死姦に及んでですよ、子供がうるさいのでついでに殺してですよ、財布から小銭と地域振興券盗んでですよ、それでゲームカード買ってですよ、しれっと何食わぬ顔で暮らしていたわけですよ。
それのどこをどう解釈したら、

本件はまことに重大悪質な事案ではあるが、罪刑の均衡、一般予防の見地からも極刑がやむを得ないとまではいえず、被告には無期懲役をもって、矯正による罪の償いをさせるのが相当である。

こんな結論に至るのか納得いくように説明して欲しいものだと思ったのである。

ユダの副官のコマク様の方がまだ可愛げがある本被告少年、まぁ絶対に更生は無理だろ?
だってさ、少しでも良心の呵責があればこそ反省が生まれるのであって、少年院の中から友人にあてた手紙でもわかるように彼はまったく自分がしでかしたことがわかっていない。
どちらかといえば「何故俺がこんな目に」くらいだと思うんだよね。

ちなみに普通、たとえ反省していなかったとしても、この状況下で手紙を書く場合反省してる風を装うだろ。じゃなきゃ下手すりゃ死刑なんだし。それをしれっと「(被害者は)調子に乗ってるな」などと書いちゃうわけだから、

つまり奴はバカだ。

無期でそのうち出てきたらまた同じようなことをやるね。だから死んだ方が世の中にとってよりハッピーじゃないかと思う。。
万に一つの可能性で自らの行為を自覚し、それを反省できるようになったとしても、その時は自らの行為に戦慄し自殺するしかないだろうから結論は同じだ。
少年つったって、18歳にもなれば強姦ついでに人2人殺しといて、許されるかどうかは分るでしょうよ。取り返しのつかないことはあるよ、世の中。


今日の朝のニュースに被告少年の父親がインタビュー出演していて、

「シナリオが用意されているように思える」

などと、ひょっとしたらちょっとかっこいいことを言ってみたかっただけかもしれないが、息子の不始末に(まさにそのとおりであるが)反省の色がないばかりか陰謀説を匂わせる始末。

こいつもバカだ。

まさにこの親あってこの息子。最高裁の審議差し戻し命令は至極当然の正義でありましょう。
原哲夫先生の劇画なら、親子そろって「ぎゃぼん!」とか言いながら四散してるところですが、そうも行かないのが現実の難しいところです。

ところでこの被害者の夫、しゃべりすぎだと思います。なんつうか、劇場型被害者と言いますか。確かに同じ家庭を持つ者として彼の発言にはいちいち同情出来、また、自分が同じ目にあったらきっと犯人を許すことも出来ないと思うのですが、俺の脳の"こいつはうさんくさい野"がピコピコ言うんですよ。

何でだろうとあれこれ考えてみたところ、多分グリコ森永事件のキツネ目の男にそっくりだからではないかと思い当たった次第。
[PR]
# by kimuraz | 2006-06-21 22:59 | 能書き

近況です。

最強の敵・・・?それは君、オメガだろうね。
大山倍達(1923-1994)


えー。すっかり更新後無沙汰してまして。

いえね、基本的に日記の類は3日ボウズな私なのですよ。ただでさえそんな感じなのに、さらに激動でしてね、今年上半期だけで、司馬遼太郎に書かせたら文庫本3冊分になるくらいの濃~い日々を送っていたわけですよ(8割が「余談だが」であるが)。

とくにまぁ、仕事の方は自分が役者だったってことを忘れちゃうくらいハードで、ナニやってるかっていうと、ディズニーランドのアトラクションの塗装です。

3~5月までディズニーシーに新しく出来る「タワーオブテラー」の内装全般の仕上げ塗装と、5~6月はシンデレラ城の外壁の塗り替え作業です。

なんつうか、ボータンツの美術作っていただけあって、楽勝じゃん、って思っていたら、本当に楽勝だったので驚きです。通用しちゃいましたよ。

つうか、自分の劇団だと、作っても作っても金が入ってくるどころか、どんどん出て行く一方なのに、同じことをよそでやるとお金がもらえるっていう、「あれ?もしかして芝居って損してる?」って本来なら22歳くらいに気付かなくてはいけない事に今頃気付いたかも。

気付かなければ良かったYo!

さて、最近うちの嫁とモグ(ウサギ)が仲が悪いです。なんか対等な戦いぶりです。
d0025069_23212876.jpg
ケツの辺りに余裕がうかがえます。
[PR]
# by kimuraz | 2006-06-06 23:22 | 能書き

誕生日ですよ。

余の辞書に不可能の文字はなかったが、「無理」は載っていた。
ナポレオン・ポナパルト(1769~1821)


えー。ずいぶんとご無沙汰いたしました。去年ボータンツのジャンクメタルシリーズ完結編からこのかた、寿命も縮むような多忙な毎日で、一昨日ボータンツの公演がようやく千秋楽を迎え、マジで半年振りくらいにリラックスしております。

本来なら公演終わってすぐM蔵野工業にてドカチンな日々を送るはずだったのですが、今年の新橋駅陥落事故の影響でリストラされちゃったんすよ、ナハハ。って笑ってる場合じゃねえよ。

ホントとばっちりです。さて、終わったことをグダグダ言っていても仕方がないので、仕事は仕事で頑張って探すとして、誕生日くらいは嫁とノンビリさせろよ、いいだろ。
って感じで、今日は嫁とパエリア喰いに行って、帰りにケーキを買ってもらった。
d0025069_1305040.jpg

うまそーでしょ?実に美味かったよ。
ただ、縦に積み重ねたミルフィーユは見た目すごくカッコいいんだけど、喰うときにグチャグチャになるのはいただけないよね。

あ、そうそう、今日俺の誕生日でした。誕生日プレゼントは育毛剤と可愛い革靴でした。
最近お風呂場の排水溝にやたらと毛が溜まってるんですけど、抜け毛をこれでストップしてみたいです。男泣き。
[PR]
# by kimuraz | 2006-03-24 00:44 | 能書き

今日友人に宛てたメール

ソテーGUY、あれはイエスに祝福されない曲だったね。きっと豚のケツの方がマシだとお考えになったんだと思うよ。
(ジョン・ウィンストン・レノン 1940-1980)



From: kimura*****@ezweb.ne.jp
To: *****@dokomo.ne.jp
Subject: Fw:死にそう
Date: TUE, 24 Jan 2006 16:12:02 +0900
Mime-Version: 1.0
今日早めに仕事が終わり、これから帰るところなのだが、急激な便意に襲われ、新宿駅の有料トイレへ突入。ところが大きい方満席。行列。
100円払っとるのだぞ?
今更出られないし、他の連中も金払ってるので他へ行かないわけで。
もう死にそうです。みんな顔に死相でてます。
ああ、俺ももう今から他の便所を探す体力残っていません。
大ピンチ!
あと2人。マジダメしぬおまえらのんきにクソしてんじゃねえよどけそこをぶたやろうならんでんじゃねえよはやくでろよいつまで


****************************

From: kimura*****@ezweb.ne.jp
To: *****@dokomo.ne.jp
Subject: Fw:生きているって素晴らしい
Date: TUE, 24 Jan 2006 16:24:41 +0900
Mime-Version: 1.0
やあ。君は生きている素晴らしさについて考えてみたことはあるかい?
普段何気なく過ごしてしまいがちだけど、とても大事なことなんだよ。
今僕はその素晴らしさについて君と語り明かしたい気分なんだ。
出来ることならこの便所で暮らしたい。
それくらいここは素晴らしいところなんだ。


****************************

あなたにもこの気持ちを分けてあげたい。
d0025069_1935547.jpg
とりあえず意味もなくウサギ。
[PR]
# by kimuraz | 2006-01-24 19:38

気がついたら明けてました。

誰か和泉元彌母子の行く道を照らしてやってくれ
ガイウス・ユリウス・カエサル(B.C.100~B.C.44)


明けましておめでとうございます。このブログの更新を楽しみにしている方がいるとは思えませんが、あまりの放置振りにさすがに心が痛みましたので、久し振りに更新することにします。
いや、マメに更新したいんですけどね。

最近の木村は実はガテン系の仕事を夜中にやっておりまして、おかげさまで全く暇がない毎日なんですよ。その他色々プライベートもクソ忙しくなっておりまして、ご迷惑をお掛けしております。

さて、木村が出演しました例のCDドラマがさりげなく発売されているようです。
興味のある方はどうぞ。オリジナル・ドラマ・コレクション Vol.1 「ナイフ」

声の仕事は面白いですね。なんというか、もどかしくて。
上のドラマCDは特に二枚目な感じの役だったので、どこまで崩していいものやらさじ加減が分からず、自分でもいいのか悪いのか考えながらやった覚えがあります。

悪役とか、賑やかしとか、アホな人とかだとノリノリでやれるんですけどね。二枚目って下手するとただの棒読みみたいになってしまうので怖いです。

ところで、うちのカメ共は南国生まれ(アフリカ・ベトナム)なので、冬の寒さ=死です。
なので冬の間は暖房付けっぱなしです。今月の電気代2万円超えです。どうやら死ぬのは俺のようです。

ウサギは家が暖かいのでいつもウトウトしています。
d0025069_1885233.jpg
[PR]
# by kimuraz | 2006-01-15 18:09 | 能書き

町田高一女子殺害

他の女に使う技を私で試すのは止めて!
マリー・キュリー(1867-1934)


なんかもう、また気が滅入るような事件ですね。

事後明らかになった経緯を総合すると、非モテ系の少年に気さくに話しかけていた女の子が、その童貞少年に最近やたらとそばでウロウロされるのでいい加減ウザくなって無視していたところ、いきなり自宅に上がりこまれて滅多刺し。

救われないなぁ。

なんつうか、無視されたくらいで包丁で滅多刺しにするような奴だから無視されるんですよ、という永久機関だもんな。

女の子が友達と焼き鳥を食いながらダベっているとその周りを話しかけるでもなくチャリでグルグル回っていただの、彼女の自宅前でチャリに乗りながらボーっとしていただの、チャリンコとスタックしたロシアの偵察衛星のように彼女に付きまとっていたようですが、そりゃあ誰でも相手にしないように気をつける罠。

きっと今頃、殺された彼女にこのことを相談されて、「付け上がるだけだからシカトしちゃいなよ!」とかアドバイスした友達の女の子が深い後悔に苛まれていることだろうと思うと、そっちの子にも同情せずにはいられません。まさか50箇所も滅多刺しにするとは思わないもんな、普通。

それにしても、殺された女の子はきっとこの先幸せな未来が待っているはずだっただろうになんとも気が滅入ります。

やっぱり、キモい奴にやさしく話しかけるのはよくない、ってことなんでしょうか。
なにしろ事件後普通に登校してたくらいですからね。

もうね、死ねと。愛した人をその手で殺めたなら死んで見せろと。そのくらいのガッツがなくてどうする。
それがどうよ、しれっと学園生活ですよ。もうね、こんな殺人マシーンを作り出した親もろとも死ねと。

学校側も再発防止に努めるそうですが、どう考えてもキモそうな目つきの悪い奴は入学させない、とかしないとまず難しいんじゃないかと。


それともう1件。

母親に毒物を投与する実験をしていた化学ヲタの女子高生ですが、その後、捜査員とは雑談などはするものの家族の話や事件の話題になると「テメェ」などと怒鳴りだすそうで、なんつうか、すげえ怖いんですけど

これら人命軽視も行くところまで行った感のある事件がゲームやアニメなどのメディア攻撃に発展しないことを祈ります。
[PR]
# by kimuraz | 2005-11-14 21:54 | 能書き

屁たれめ。

ビール券が1万円分ある。来月まで暮らせるだろうか?
ウィンストン・レオナード・スペンサー=チャーチル(1874-1965)



なんでも自民党が憲法の改正案を作っているらしい。特に序文は明快でわかりやすく、解釈問題で将来揉めないようなシンプルなものが求められたようだ。

帰属する国や社会を愛情と責任感と気概を持って守る。

って、コラ、こりゃまた玉虫色だなぁ。これだと誰が誰に対して何をするのかわからんぞ。

アレがコレした時には全力で頑張る

コレとレベルがかわらねえ。

本当にやる気があるなら

外国の侵略に対して日本国および日本国民は自らの命と財産と権利を守るために戦う

こんくらいでないと改正する意味がないと思うんだがなぁ。

ついでに自衛隊自衛軍にする案があるようだが、それはもうすでに日本軍であって、まやかしの新名称はやめてもらいたい。
[PR]
# by kimuraz | 2005-10-29 10:03 | 能書き

なんだか裕太郎が荒れているようですが。

あの台は私が3時間回したんだ!4万円も飲ませたんだ!何故私には権利がないんだ!
リチャード・ニクソン(1913-1994)

http://blog.goo.ne.jp/mononofu0827/

 裕太郎が国勢調査員に切れているらしい。
俺が肉体労働を終えフラフラになって帰宅し、そのまま靴下も脱がずに布団に倒れこむと、ピンポンピンポンと呼び鈴を高速連打するたわけ者がいるので、布団を飛び出し、鉄のドアをマッハで叩き開け、最大130ホンの大声量で「うるせえ寝てんだよ俺は起こすんじゃねえよブッ殺すぞ」と諭すと静かになった。

鉄の扉についている郵便受けにそっと国勢調査の封筒が差し込まれていた。
[PR]
# by kimuraz | 2005-10-14 07:59

忘れとりました

最近の洋モノポルノは理科の実験みたいで怖いのであります。
源田実(1904-1989)


 最近芝居の話とか、そんなことばっかりで、このブログの趣旨が「キムゴロウと愉快な仲間たち」であることをすっかり忘れていた。
[PR]
# by kimuraz | 2005-10-03 20:24

久々で申し訳ないです。

 ―――かように、AVのパッケージ写真はフォトショップなどのソフトを用いて女優の写真が修正されているので、裏面のスチール写真で選ばなければ痛い目を見るのです。
アルベルト・アインシュタイン(1879-1955)


 ブログの更新を楽しみにしていたみさん、すっかり放置していて申し訳ありませんでした。思えばボータンツの公演以降、イクスピアリのハロウィンの飾り付けに拉致されたり、月歌舎の公演の舞台装置を頼まれたり、ダンスの公演に出ることになったりと、全く休みなどない日程で、パソコンを立ち上げてもメールチェックだけして寝てしまうような、そんな日々が続いておりました。
それもこれもロト6が外れやがるからだと思います。憎い。憎悪。

 そんなこんなで、昨日小屋入りし、今日初日です。なんというか何故自分がここにいるのか、透明人間になったような、植木等の変なおじさんのような、ふわふわした気分でおります。

ともあれ恥をかかないように頑張りたいと思います。
[PR]
# by kimuraz | 2005-09-27 11:07