<   2005年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

町田高一女子殺害

他の女に使う技を私で試すのは止めて!
マリー・キュリー(1867-1934)


なんかもう、また気が滅入るような事件ですね。

事後明らかになった経緯を総合すると、非モテ系の少年に気さくに話しかけていた女の子が、その童貞少年に最近やたらとそばでウロウロされるのでいい加減ウザくなって無視していたところ、いきなり自宅に上がりこまれて滅多刺し。

救われないなぁ。

なんつうか、無視されたくらいで包丁で滅多刺しにするような奴だから無視されるんですよ、という永久機関だもんな。

女の子が友達と焼き鳥を食いながらダベっているとその周りを話しかけるでもなくチャリでグルグル回っていただの、彼女の自宅前でチャリに乗りながらボーっとしていただの、チャリンコとスタックしたロシアの偵察衛星のように彼女に付きまとっていたようですが、そりゃあ誰でも相手にしないように気をつける罠。

きっと今頃、殺された彼女にこのことを相談されて、「付け上がるだけだからシカトしちゃいなよ!」とかアドバイスした友達の女の子が深い後悔に苛まれていることだろうと思うと、そっちの子にも同情せずにはいられません。まさか50箇所も滅多刺しにするとは思わないもんな、普通。

それにしても、殺された女の子はきっとこの先幸せな未来が待っているはずだっただろうになんとも気が滅入ります。

やっぱり、キモい奴にやさしく話しかけるのはよくない、ってことなんでしょうか。
なにしろ事件後普通に登校してたくらいですからね。

もうね、死ねと。愛した人をその手で殺めたなら死んで見せろと。そのくらいのガッツがなくてどうする。
それがどうよ、しれっと学園生活ですよ。もうね、こんな殺人マシーンを作り出した親もろとも死ねと。

学校側も再発防止に努めるそうですが、どう考えてもキモそうな目つきの悪い奴は入学させない、とかしないとまず難しいんじゃないかと。


それともう1件。

母親に毒物を投与する実験をしていた化学ヲタの女子高生ですが、その後、捜査員とは雑談などはするものの家族の話や事件の話題になると「テメェ」などと怒鳴りだすそうで、なんつうか、すげえ怖いんですけど

これら人命軽視も行くところまで行った感のある事件がゲームやアニメなどのメディア攻撃に発展しないことを祈ります。
[PR]
by kimuraz | 2005-11-14 21:54 | 能書き