海洋堂パワードスーツ(機動歩兵)

前回の更新の冒頭の文章が安倍元首相の発言ネタだったのが興味深い昨今。

さて、なんの脈絡もないのですが「クソゴム人形」と大評判の
海洋堂1/20機動歩兵が出来たのでアップします。

この機動歩兵、ロバートAハインラインの小説「宇宙の戦士(原題:Starship Troopers)」に
登場する戦闘強化服で、小説の日本語訳版で「スタジオぬえ」がイラスト化しました。
その後のガンダムなどロボット物のデザインに大きな影響を与えていると言われている
画期的なデザインです。

本来は「パワードスーツ」というネーミングなのですが、
大人の事情で劇中の部隊名「機動歩兵」の商品名でバンダイ以外の各メーカー
から製品化されています。

さて、パーツ精度がゴム人形並な海洋堂・ジーベック製の「機動歩兵」ですが、
とても¥5000円の商品とは思えないひどい精度ですw
ただ、スタジオぬえの加藤直之氏監修原型だけに基本形はとても素晴らしいので、
手をかけてやると化けますよ!

d0025069_1017923.jpg
d0025069_10181749.jpg
d0025069_10201627.jpg
d0025069_10211545.jpg
d0025069_102249.jpg
d0025069_10225371.jpg
d0025069_10244950.jpg
d0025069_10255290.jpg
d0025069_10265916.jpg
d0025069_1029166.jpg
d0025069_10295018.jpg

[PR]
# by kimuraz | 2012-10-04 10:35 | 日記

月に歩けば

安倍元首相が「民主党が政権の座にある1日毎に国益が損なわれて行く」と発言したようだが、それはその通りだとは思うが、お前が言うなと言いたい。(挨拶)

えー。可燃物昨日終わりました。

なんつうか、とても優しい感じでいい作品でした。
自分のキャリアの中でもベスト10に入るね。

可燃物の皆ありがとう。またやりたいね。

で、俺の役は「宇宙賊」。

宇宙最強の男って人でしたw
d0025069_1303486.jpg


まぁ、こんな役も中々出来るもんじゃないので楽しかったよ!

「カッコ良すぎて吹いた」と10人以上の人に言われた。
褒め言葉と聞いておこう。

ご来場の皆様ありがとうございました!次は6月のうるとら2B団の稽古だ!
[PR]
# by kimuraz | 2010-03-16 01:32 | 日記

どんだけ。

フリトレーから「激辛マニア」というコーンスナックが出て、やたら挑戦的なキャプションがパッケージに踊っていたので、試しに食ってみたが、直前に食った「最凶の暴君ハバネロ」の方が辛かった。つうか、「激辛マニア」はマズイ。(挨拶)

いやぁみなさん、すっかりご無沙汰してしまって申し訳ないですよ。
もう誰も見てないんだろうなぁ。まぁいいか。

動物は相変わらず元気ですよ。
d0025069_13325169.jpg

ウサギはなんだか紐をハミハミする遊びがマイブームらしい。

カメは寒いので動きが鈍い。
d0025069_13355034.jpg
d0025069_1336661.jpg

エロンの下にある赤いのはヒーター。

そんなわけで、またブログ再開するよ。

劇団可燃物に客演もするんで追々。
[PR]
# by kimuraz | 2010-02-22 13:37 | 能書き

ぎゃふんっ!

大麻は無害だ!っていう奴は言い出しっぺの窪塚がどんなフライングを見せたか思い出すがいい。(挨拶)


さてさて、来週から芝居をやります。

キャストを見てもらえれば分ると思いますが、ボータンツのおなじみの連中で構成されたユニットです。和泉輪ちゃんという初めての人もいるけどね。味のある女優です。

ボータンツとは打って変わって、コメディというか・・・コントというか・・・
とにかく笑う気満々で来てくれると助かります。


木村は今回演出と出演しております。正直な話、観に来ていただきたい。



PRODUCE WASSERMANN『ぎゃふんっ』
d0025069_2257145.jpg




2008/11.29(土)~30(日)東松原Broader House


作*ミウラキャロット/演出*木村淳

キャスト*市川好美(演劇レーベルBo-tanz)
嶋田貴秀(演劇レーベルBo-tanz)
木村淳(演劇レーベルBo-tanz)
和泉輪(サンハロンシアター)
磐田健二
津本泰雅(劇家大熊猫)
真美子

スタッフ*照明 島田康和(S.P.C)
音響 畠山慎一
製作 PRODUCE WASSRMANN

11/29(土)19:00
11/30(日)13:00/18:00

東松原Broader House
d0025069_2235458.jpg


・受付開始は開演の1時間前、開場は30分前になります。

・料金 2500円(日時指定・全席自由)

・予約/お問い合わせ producewassermann@yahoo.co.jp

・本公演は日時指定となっております。
 ご予約のないお客様は立ち見になる場合もございます。
 予めご了承ください。
[PR]
# by kimuraz | 2008-11-23 23:03 | 劇団

池袋演劇祭の懐の深さに泣いた

最近エコブームな感じですけど、ソフトオン・デマンド辺りが「ウチはエロ推進企業です!」とか言い出すんじゃないかと密かに予想(挨拶)

さて、ここまで更新が停滞していると誰もこんなブログ読んでないだろうと思いますが、前回の野川のモルテンの回にコメントが着いていたので早速コメント開いてみるとエロ業者でした。

消すのもつまらないんで放置。


久し振りの更新の話題が何だって言うと、Bo-tanzの9月公演「AWAY TARGET」池袋演劇祭の大賞を受賞した事なんですよ。

正直、金大中事件をテーマにした芝居なんてキャッチーじゃないし、座長がこの演目を再演する事を決めた理由を「この作品なら賞が取れる!」と力説していたのを「イヤイヤイヤ、そんなに甘くは無いでしょ」と思っていたものです。
芝居はね、丁寧に作ったつもりではあるし面白く出来た実感はあったんですよ、でもまさか賞が取れるとは思っていませんでした。

発表会で次々と各賞の発表が進み、ああ、今回も何ももらえないのかなぁ、と思っていたら大賞で名前呼ばれるもんだから、劇団員一同絵に描いたような浮き足立ちぶりで、それはそれで微笑ましかったんですけど、俺も手の平ビッショビショだったから

なんというか、けしてつまらないと思ってるわけじゃなくて、賞を取るという事を考えるとウチの作品は中々難しいジャンルだなと思っていたんです。演劇好きの人には敬遠される作風なので。萬の演劇祭で審査員に「これは演劇なのか?」と酷評された事もあるしね。

それが、今回大賞と言う形で評価されたと言うのは俺たちが変わったのか、時代が変わったのか、多分そのどちらも変わったんだと思いますが、この今の波に乗り続けて行けたらいいと思います。ま、それが難しいんでしょうけど。

ともあれ、今回で変に達成感を味わっちゃって、府抜けた事にならないようにしたいです。
後々この賞が我々の通過点の一つに過ぎなかった、と思えるようにもう一段上を目指して行きたいです。いや、マジで。
d0025069_13462936.jpg

「賞って美味い?」
この生き物はウサギです。
[PR]
# by kimuraz | 2008-10-26 13:55 | 劇団

野川のモルテン

こんにちは。久し振りの更新です。
読んでくれてる人、ゴメン。俺ダメなやつです。

さて、今日は俺のウチの近所を流れている野川という、もう少しネーミングをひねる事はできなかったのかと言う川の話です。
d0025069_21491491.jpg
野川には水鳥が多くやって来て、マガモやカルガモ、白サギや鵜、ユリカモメやカワセミやその他多くの鳥を間近で見ることが出来ます。
野川にはカワセミを撮影しに、カメラマンの軍団がバズーカのような望遠レンズを付けたカメラを三脚に固定して毎日何時間も粘っています。


俺は野川が大好きです。

そんな野川にアヒルが1匹住み着いています。
d0025069_1735083.jpg
もともと何年か前に夫婦で迷い込んできてそのまま住み着いてしまったようで、いつも夫婦一緒。
d0025069_17102252.jpg
それはもう仲睦まじい様子で、よくウチの妻とも散歩がてら眺めていたのですが、今年はじめ、メスの方が死んでしまい、今は1匹になってしまいました。

それからと言うもの、何だか心配になってしまい、外出のついでに様子を見に行ったりしていたのですが、しばらくするとカルガモの群れに混ざって、一緒に泳いだり、水底の苔を貪ったり、仲良く遊んでいたので安心していました。
d0025069_175438.jpg


そんな彼をいちいち「野川のアヒル」というのもまどろっこしいので「モルテン」[*1]と勝手に名付けました。

ネットで検索してみると、何気に近所の皆さん、モルテンを気にしてる人が多くて、自分のブログで観察日記付けてる人や、掲示板で話題にしてる人たちがいて、何だかほほえましいです。
みんなモルテンが好きなんだなぁ。

夏本番の昨今、カルガモは移動してしまったようでモルテンは一人でいることが多いです。
ただ、物怖じしない性格のようで、行水中のカラスにちょっかい出したり、サギにちょっかい出したり、こちらが思うほど孤独なわけでもなさそうです。
d0025069_21523669.jpg


今日は住処の喜多見のデンコードーの辺りから国領方面の神代公団の辺りまで出張していました。
d0025069_2241569.jpg

元気そうで何より。モルテンにはいつまでも元気でいてもらいたいものです。

[*1]NHKで25年ほど前に放送していたアニメ「ニルスの不思議な旅」に出てくるマガモの群れと一緒に旅をする空を飛べるアヒルの名前から。もちろん野川のモルテンは飛べません。
[PR]
# by kimuraz | 2008-07-14 22:01 | 動物ども

双子で

今日嫁と国領のイトーヨーカドーへ買い物に行った。
下着売り場でボータンツの市川麻美・好美姉妹に遭遇。

なんか箱に入っていたので話しかけないで帰った。
d0025069_2303425.jpg



みなさん、今年も一年お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by kimuraz | 2007-12-30 02:35 | 日記

軽井沢

この間嫁と二人で軽井沢に行ってきまして。

軽井沢なんて天狼新星かな?、その時の打ち上げで劇団の皆とスキーに行った帰りに立ち寄って以来5年ぶりくらい。

その前も何回か来ているけど、大概旧軽井沢のおみやげ大通り(オレ命名)でジャム買うくらいが関の山で、観光ってした事ないのよ。

で、嫁がなんか色々計画を立てて、ともかく色々見て回るみたい。

オレね、旅行って好きなんだけど、自分で企画した事ってただの一度もないのね。
なんつうのかなぁ、あれば食べるけど、なくなっても別に困らない「抹茶チョコ」のような感覚かな?

俺の周りに旅行を計画してくれる奴がいなかったら、下手したら一生旅行へは行かない気がする。行ったらハイテンションでノリノリなんだけどね。

あ、今思ったんだけど、オレ、計画とか立てるのがそもそも嫌いだからかもしれない。
旅行に行きたいし、楽しそうなんだけど、あれこれ計画立てて、旅館とか電話して手帳に日にちメモったりするくらいなら家でウルティマやってたほうがいいや、ってなっちゃうんだな、多分。

まぁそんなこんなで軽井沢ですよ。
d0025069_188113.jpg

プッ、寝てやがる。
d0025069_1885245.jpg



あー、最初に言っておくけど、この日記に軽井沢情報として役立つ文章はないと思うよ。
なぜかって言うと、場所の名前とかほとんど覚えてないし、オレの能力として、地理が全く分らないので、場所場所の位置関係とかとてもアバウトな感じになってしまうと思うので。

で、最初駅から歩いてすぐのところにある木の橋の架かった池に行ったんだけど、そこにはカモとアヒルがワンサカいてね、人を怖がらないのでその辺で寝てたりするんだよ。

この池、どうやら劇場の庭になってるようでね、その劇場のロビーが普段はカフェっぽくなってるようで、そこでカモのえさを売っていた。早速購入。
d0025069_18165787.jpg

すぐ来るw
d0025069_18232099.jpg
この3匹が馬があうらしい。毛づくろいするのも一緒。

d0025069_18271043.jpg
コイツが一番ハンサム。

そうそう、この間の台風が軽井沢に直撃していたらしくて、この池でも木がぶっ倒れていました。
d0025069_19273819.jpg



さて、カモで遊んで終了では悲しすぎるので、三笠ホテルっつう所に行ってきました。
オレ、建築物好きなんですよ。特に明治期の木造西洋建築のいかついカッコよさ。
梁なんか細かいレリーフ入っていたりして、いい仕事してるよ、昔の職人は。

ところが写真ほとんど撮ってません。

オレ、生まれてから35年間で手元にある写真、多分100枚くらいです。
しかもそのうち80枚くらいは友達などが焼きまわししてくれたもので、自分で撮った写真ってホントにないんですよ。写真嫌いなわけでもないんだけど、写真撮る習慣がないんですよね。

最近ようやくカメラ付きの携帯にしたのでぼちぼち撮るようになったのですが主にウサギと亀しか撮りません。あと、嫁の変な寝姿。
そんなわけで、このブログにさっきからのせてる写真は嫁のカメラから拝借したもので、嫁が興味がないところの写真はないんです。

その後、おもちゃの博物館に行きまして、おもちゃといってもポピーの超合金とかじゃなくて、くるみ割り人形とかパイプ人形とかヨーロッパの手作り木製人形みたいな奴ね。
d0025069_1926235.jpg


くるみ割り人形ってなんか変。

その博物館の向かいに絵本の博物館もあって、そこでピーターラビットの原画(複製)を見ていたら、オレのピーターラビットブームが再燃。ほら、「ミスポター」が公開中じゃん?

お土産コーナーでもピーターラビットブースが出来ていて、ともかく第一話の「ピーターラビットのお話」購入。

ウサギ飼ってると分るんだけど、しぐさとか行動がね、ホントわかってるんですよ、ポター女史は。

ああ、シリーズ全部そろえたい。

その後旧軽井沢お土産大通りで酢とかジャムとか買って、ホテルへ。
ビジネスホテルに毛が生えたようなホテルだったんだけど、食事は旨かった。特にビーフステーキがね、柔らかくてもう、至福。お肉大好き。

でもやたらと小さくてね、一口で喰い終わっちまった。

翌日はプリンスホテルのアーケード行ってね、これがかなり大きいんだけど、おやきとか軽井沢グルメを堪能しました。

ついでに帰りもカモたちのところへ。
d0025069_19391188.jpg

ワラワラ寄って来るw

かわいいアヒルがいた。
d0025069_19414672.jpg


そんな感じで楽しい軽井沢旅行でした。ありがとう嫁。また行こう。
d0025069_1945525.jpg

[PR]
# by kimuraz | 2007-09-22 18:23 | 動物ども

最近の動物たち。

フラガールのDVD観て号泣しましたが何か?(挨拶)

えー。すんません、何ヶ月ぶりの更新だろう。

今年の夏はおかしいくらい暑かったですね。
いやいや、王国の動物たちがこの夏乗り切れるか一抹の不安もあったのですが、
もうね、今年はさすがにクーラーつけました。かなり久し振りです。
おかげでウサギのモグも快適だったようで。

ウサギの寝姿。たまに一緒に寝ます。
d0025069_17223712.jpg


ケヅメリクガメのケメ。アフリカ出身のため、暑いのは好きでも、湿度が苦手。
d0025069_1725162.jpg


エロンガータリクガメのエロン。
東南アジア出身なので高温多湿でハイになる。とにかく歩く!
d0025069_1729795.jpg



夏の暑さでも食欲は変わらず!
d0025069_17305150.jpg

食後のエチケットタイム
d0025069_17331354.jpg


この夏、更に巨大化(汗
d0025069_17353130.jpg


暴れすぎたので休憩
d0025069_17383421.jpg

[PR]
# by kimuraz | 2007-09-06 17:38 | 動物ども

ルパンドゥフー

えー。僕たちの世代はまさにガンダムとルパン三世にレイプされた世代と申しましょうか、繰り返し再放送で刷り込まれているため近い歳の人と知り合いになったとき、いずれかの話題でいくらでも間が持つという、まさに心に打ち込まれた楔のような2作品なわけですよ。

ガンダムにいたってはソープ嬢がホストにン千万も注ぎ込んでしまうかのごとく、僕らはバンダイから搾取され続けているわけですが、まぁその話はいづれ。

で、今回はルパンです。

ルパン三世のテーマソングやBGMってそりゃあもうかっこいいわけです。

多分皆さんが思い浮かぶのは赤いジャケットの新シリーズ、ルパン三世のテーマに代表される大野雄二の楽曲だと思うのですが、僕が好きなのは青いジャケットの初代ルパンのサイケでディスコな山下毅雄による楽曲です。

もうね、子供時代からかっこいいな~と思っていたのですよ。

有名な、「あし~もとに~絡み~つく~」で始まる「ルパン三世その2」もかなり好きですが、なんと言ってもカーチェイスのシーンなどのBGM、「ほにゃ~らら~ やっぱっぱ ぱぱーや(わかんねえか?これじゃ)」ってビックバンド風のアップテンポな曲に黒人女性コーラス風のドゥーワップ、そしてボーカルのチャーリー光星のよくわかんない英語のシャウト。
もうね、アレたまんない。
オープニングでルパン役の山田康夫のナレーションのバックで流れてた奴ね。

あれ、ずーーーっと探してるんですよ。で、曲タイトルもわかんないので、ルパン三世のサントラとかずいぶん買わされました。

でも全然入っていないわけなんですよ。・゚・(ノД`)・゚・。
変なアレンジが施されたバージョンやナレーション入りのTVと同様のサイズのものしかないんです。

で、10年ほど前に(もっと前かな?)旧ルパンのサントラが出たので買ってみたところ、BGM入りのTVオープニングと同様の尺で入っていて、短くて物足りなくはあったのですがともかく曲タイトルだけはゲットできたんです。

「アフロルパン’68」

ア・・・アフロ?

で、同時にアフロルパンのフルサイズ音源は紛失してしまっていて、現在は完成したTVフィルムの中に入ってる音だけが全てだという、おおよそ考えられないような事実。

まぁ、ルパンって本放送時は全く視聴率が上がらなくて、全く惜しまれずに打ち切られてしまったという経緯があるので、大ハズレだったアニメ番組のBGMなんてぞんざいな扱いだってな事は容易に想像できるけどね。
まさか製作者側もルパンがこんなビッグタイトルになるとは思ってもいなかったろうしな。
そういえば、ガンダムも同様に打ち切られたのが再放送でブレイクしたクチだったね。

ともかく、がっかりしたまま10年間を過ごしていたんですよ。
そしたらね、近所にGEO!がオープンしましてね、レンタルビデオの。
そこのCDを何となく見ていると、
「ルパン三世トリビュートアルバム You's Explosion」
なんつうのが出ていまして、その中に
「AFRO "LUPIN '68"/RUI&ROLLY」
なんて書いてあって。

「うぉ!しかもローリーかよ。根拠はないが奴は判ってるような気がする!きっと俺の聞きたかったアフロルパンが聞けるに違いない!」
そう思い、とにかくレンタル!

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・


で、まぁ結果としてはアルバム全体がクソ、つうか、そんな変なアレンジするんだったら原曲でええやん的な半端な出来。
田中健が得意のケーナで五右衛門のテーマとか吹いてやがるし。
まぁCharのルパン三世のテーマがかっこよかったかな。

でさ、肝心のローリーだけど、なんかさぁ、疾走感命みたいなアフロルパンをよ、ズンドコグラムロックみたいにやるんじゃねえよ。
もうさ、オリジナルスコアから数段落ちるようなアレンジするくらいなら完コピしろつうの。



ただね、収穫はあったの

なぜってね、オリジナルボーカルのチャーリー光星の英語の発音はね、「ルパン・ザ・サード」「リュパンドゥフー」にしか聞こえないくらいのネイティブなの。

だから僕は「アフロルパン’68」がとっても大好きなのに、普段口ずさむときはサザンの仮歌みたいなデタラメ英語で適当に歌うしかなかったの。これは悲しいよ。

僕のヒアリング能力ではね、

「ビサンチンイェーィ ヤッパッパッパ(コーラス)ウォーター」

「マシーン イズ クラーイ ヤッパッパッパ(コーラス)ウォーター」

「ルパーンドゥフー ヤッパッパッパ(コーラス)クールマーン」
って聞こえちゃうの・・・

基本的に上の3つをチャーリーが連呼してるだけの歌なんだけどね。

ビサンチンはともかくね、マシン・イズ・クライってね、そんなダセエ英語歌詞なはずはないって、そんくらいは分かるんだよ?ディス・イズア・ペン。

でもそう聞こえちゃうんだもん。

ルパーンドゥフーがルパン・ザ・サードなのはまぁ分かるとして、ビサンチンイエーに至ってはもはやシュールすぎてお手上げ状態ですよ。

もともとチャーリーがアドリブでテキトーな事を言ってるだけみたいなんで、歌詞カードのようなものは存在していないようなのですよ。

それが、ローリーの日本語英語の力によって全てが手に取るように分かりました! すごい、すごいよ、ローリー!!

実はですね、「ビサンチンイエー」「P-38(ピー・サーティーエイト)」って言っていたんですよ。

「ウォーター」「ワルサー」

そして「マシーンイズクライ」は、「マシーン・クライス」

つまりエンディングのあしーもとに~のBメロ「マシン~が~叫ぶ~」と、サビの「ワルサーP-38」の部分の歌詞を英語で連呼してたんですね。

もう、目からウロコ!!


ありがとうローリー。20年間喉につっかえていた魚の小骨がようやく取れたような爽快感で一杯です。君のアレンジは最低だったが。
[PR]
# by kimuraz | 2007-03-21 23:40 | 素敵知識